ストレスチェックの仕事

企業で働く従業員たちは、精神状態を確認するためにストレスチェックを受ける必要があります。労働者へのストレス状態のチェックは医療関係者が行う事になり、医師や保健師、あるいは精神保健福祉士などが含まれます。また看護師も、特定の研修を受けたり、一定年数以上の実務経験でストレスチェックの業務に携わったりする事ができます。そのため看護師はこれから、働く人たちのストレス具合を確認するような部類の業務にも、関わる機会が増えます。ストレスのチェック方法としては、調査票を用いて質問に答える方法があります。調査票を用いた検査の結果、ストレスをどの程度受けているかの判断や、さらには医師による専門的な面接指導が必要かどうかについて評価します。

ストレスのチェック業務を任されるようになった場合に備えて、看護師は必要な知識を身につけ備えるのが無難です。労働者の健康管のノウハウや、職場でのストレスの要因、また労働環境を改善するためのノウハウなど、学んで将来の仕事で役立つ知識は多いです。このように看護師は、病院で患者のケアを行うだけでなく、職場の労働者の健康を守るなど活躍の場が広がりつつあります。仕事のチャンスを増やすため、事前にストレスチェックの知識やスキルを身につけて役立つ場面が多いです。また人の健康を守るのが役割の看護師としては、仕事でストレスにさらされがちな労働者を病気から守る事にやりがいを感じる事が出来ます。