一般的な確認方法

仕事の負担が心身に影響を及ぼし、異変をきたす恐れがあります。本人は至って大丈夫と感じていても、実際には肉体や精神に多大な負担を掛けているケースが多いです。そのため、例え大丈夫と感じてはいても、定期的にストレスチェックを行う必要があります。精神状態の確認は自身でも行う事ができるため、気軽に空いた時間に実施する事が望ましいです。特に看護師や介護士などの医療従事者は肉体だけでなく精神的に気苦労が多いため、負担の状態を客観的に確認した方が問題を早期に発見できます。

ストレス度合いの確認手段には、質問に対して答える方式で実施が可能です。質問の内容としては、仕事や生活の中でミスが増えているかどうかや、朝起きられないかどうか、その他にも職場での人間関係に何か悩みはないかどうかなどの質問があります。設けられた質問に対し一つずつ答えてみると、意外と思い当たる項目が多くあるかもしれません。そのような状態では、本人が意識していない間に、職場での強い精神的負担を感じている可能性が高いです。状況の確認後には、負担を感じている原因をつきとめて、解消する必要が出てきます。ストレスチェックの結果は、本人で状態を確認するだけでなく上司に理解してもらう事も大切です。職場での仕事の割り当ての権限を持つ上司であれば、チェックの結果に応じて配慮してもらう事が可能です。精神的な負担から離職に至る前に対処できれば、貴重な人材を失わずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です