看護師は定期的にチェックを

看護師の仕事は医療や介護において看護を必要としている人に身を捧げるようにして尽くすことが必要になりがちです。また、医療現場では医師、介護現場では介護福祉士やケアマネージャーに無理な指示を受けることもあって振り回されることになる場合もあります。そのような仕事環境がしばしばあることから看護師の仕事はストレスを溜めがちです。しかし、現実的にはそのストレスに苛まれている人はそれほど多くはなく、うまくストレスを解消しながら仕事をしている人が多数を占めます。それどころかストレスを感じていない看護師も珍しくありません。ストレス対処を無意識に行えることは看護師にとって重要なスキルであり、それを自然に体得している人も多いのです。

そこで流行のストレスチェックをやってみると、それで自分がストレスを抱えていることに気づく人もいます。思い返してみればストレスを抱えてしまうようなことの連続であったとわかり、ストレスチェックを行ってみて焦りを抱く看護師もいるのが現状です。ストレス解消をしないと健康や美容に悪影響が出てしまうと考えて慌てて気晴らしになる趣味を始めようとしたり、休日は仕事をせずに休むようにしたりする人もいます。ストレスは溜め込んでも気づかない人もいるものであり、ちょっとしたタイミングで何の気なしにやってみることで実は救われている看護師も少なくありません。患者の診断だけでなく、看護師の自己管理にも役立っているのがストレスチェックなのです。忙しい毎日を送る看護師だからこそ、定期的にストレスチェッカーを活用することが大切です。